4Kテレビの基本がわかるQA

激安4Kテレビを買う時の注意点や正規メーカー品との違い

ヤマダ電機、価格comm、ジャパネット、楽天などのネット通販のほかにネット直販サイトでも激安4Kテレビが発売されて話題になっています。4K を買う側のユーザーにすれば激安価格の4Kは大歓迎なのだが、果たして本当に買っても大丈夫か?ということをユーザー目線で調べてみました。

これらの激安モデルは、パネル自体はきちんと4Kパネルを使っているし、HDMI入力が4K 信号に対応しているなど、基本仕様の面では心配ないようです。

ただし大手メーカー製4K テレビとの差が現れるのは、映像エンジンです。特に、4K テレビの場合は、2K といわれるHD画質の地デジ放送は2K →4K変換を施して表示するため、低ノイズ化やディテール向上などの高画質技術で見え方に大きな差が出るのは当然だと思います。こういうところにコストをかけないので激安価格でできる。

また、4Kパネルであっても、HDRには対応しないモデルも少なくないようです。ここは実際の画質をよく確認する必要があるでしょう。
また、外付けHDDによる録画やネット動画配信に非対応など機能についても差が出るようです。

もちろん、こうした付加的な機能は、BDレコーダーや各ネット動画配信元が発表している受信機などがあれば対応可能ですが、テレビ本体だけでは4Kコンテンツを見ることができないなど、使い勝手の面でハンデが生じます。価格の安さだけにとらわれず、こうした違いをよく見極めたうえで判断しましょう。

関連記事

  1. 今、テレビを買うなら絶対4Kか?

  2. 4Kテレビを後押しする放送コンテンツの拡大

  3. 画面サイズが豊富で置く部屋を選ばない

  4. 4K放送はいつ始まる?放送時期を調べました。

  5. 4Kテレビの録画機能や音質など色々チェック

  6. ブラビア有機テレビ

    薄型テレビの液晶パネルと4Kテレビの有機パネルとの違い

PAGE TOP

4Kテレビの基本がわかるQA

激安4Kテレビを買う時の注意点や正規メーカー品との違い

4Kテレビの基本がわかるQA

今、テレビを買うなら絶対4Kか?

サイズ別最新4Kテレビ評価

高コントラストで厚みのある絵だが、画面下から声が聴こえるのが違和感あるソニーKJ…

ソニー4K液晶テレビ

サイズ別最新4Kテレビ評価

3TバイトのHDDを内蔵!地デジ・BSの5チャンネル全録画可能フナイFL-49U…

FL-49UA6000

サイズ別最新4Kテレビ評価

地デジ・BSの4K変換は本物の4Kさながら東芝49BZ710X特徴・口コミ評価

東芝49BZ710X