4Kテレビの基本がわかるQA

4Kテレビを後押しする放送コンテンツの拡大

4Kテレビの魅力はスクリーンの美しさです。従来のハイビジョンに比べてようもなく画質はいい。
2018年12月には4K/8K放送もスタートする予定で、4K画質のUHDブルーレイソフトもタイトル数が増えています。
ネットの動画配信も4Kコンテンツ(コミック・エンタメ・スポーツなど)の割合が高まり、ゲーム機も4k出力に対応した製品が続出しています。つまり、一人で楽しんだり、家族で楽しめるコンテンツが今後ますます充実してきます。



魅力あるコンテンツが目白押し!

そして今年(2018年)は、プロ野球選手の大谷翔平選手が大リーグに移籍して開幕戦でいきなりホームランを打つなど、これまで以上に大リーグ観戦も増えるでしょう。さらには。ロシアで開催されるサッカーワールドカップ、2019年はラグビーワールドカップ、そして2020年には東京オリンピックとビッグイベントが目白押しで、これらの放送配信が4K/8Kでされるのは間違いないようです。だから、今、テレビを買うなら、買い替えるなら、より臨場感が豊かな4Kテレビを選ぶのが絶対におすすめということです。

ぜひ、近くの電気店に足を運んで生で4Kテレビの魅力を感じ取って欲しいと思います。

大きなサイズでも画質は鮮明!

4Kテレビの魅力は画質が抜群に綺麗であること。それによってスポーツやエンターテインメント、旅行など臨場感あふれるコンテンツを楽しむことができます。つまり、これまでのテレビは画面サイズが大きくなればなるほど画素の粗さが目立っていました。4Kはこの課題を解決しており、大画面で見ても画素の粗さも気にならず、高画質をいつでも楽しむことができます。
パナソニックのホームページでもわかりやすく解説しているので紹介しておきます。

4KならフルHDと同じ画面サイズ以上でもきれい

画質の違い

映画の暗いシーンでも鮮明に見える

映画ファンもますます楽しめます。これまでハイビジョンで描ききれなかった映画の夜シーンや、暗いシーンでも質感、空気感をしっかり描き出してくれるので迫力と感動がさらに増します。

関連記事

  1. 4Kテレビの録画機能や音質など色々チェック

  2. ブラビア有機テレビ

    薄型テレビの液晶パネルと4Kテレビの有機パネルとの違い

  3. 4K放送はいつ始まる?放送時期を調べました。

  4. 今、テレビを買うなら絶対4Kか?

  5. 激安4Kテレビを買う時の注意点や正規メーカー品との違い

  6. 画面サイズが豊富で置く部屋を選ばない

PAGE TOP

4Kテレビの基本がわかるQA

激安4Kテレビを買う時の注意点や正規メーカー品との違い

4Kテレビの基本がわかるQA

今、テレビを買うなら絶対4Kか?

サイズ別最新4Kテレビ評価

高コントラストで厚みのある絵だが、画面下から声が聴こえるのが違和感あるソニーKJ…

ソニー4K液晶テレビ

サイズ別最新4Kテレビ評価

3TバイトのHDDを内蔵!地デジ・BSの5チャンネル全録画可能フナイFL-49U…

FL-49UA6000

サイズ別最新4Kテレビ評価

地デジ・BSの4K変換は本物の4Kさながら東芝49BZ710X特徴・口コミ評価

東芝49BZ710X